有働由美子アナの父や母はどんな人?実家の家族構成や妹とのエピソードをまとめ

元NHKアナウンサーで現在はフリーアナウンサーとして活躍している有働由美子アナウンサー。

フリーに転身してからも、好きなアナウンサーランキングで常に上位をマークしている人気アナウンサーさんですね。

有働アナは同業の女子アナからも尊敬されている方なんだよね。嫌味もないし、知的でカッコいいから私も憧れてます。両親の遺伝子がすごいのか、教育がすばらしかったのか、きっと立派なお父様お母さまだったんだろうな

そこで、今回は有働アナの原点を知りたくて「有働由美子アナの父や母はどんな人?実家の家族構成や妹とのエピソードをまとめ」について調べてみました。

ぜひ最後までお読みくださいね!

スポンサードリンク

有働由美子のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

news zero(@ntvnewszero)がシェアした投稿

【名前】有働由美子(うどう・ゆみこ)
【生年月日】1969年〈昭和44年〉3月22日
【出身地】鹿児島県日置郡伊集院町
【出身校】神戸女学院大学
【血液型】O型
【身長】162cm
【職業】元NHK局アナ 1991年4月~2018年3月31日 現在フリーアナウンサー
【所属事務所】ナチュラルエイト所属。

有働由美子アナの実家の家族構成

有働由美子アナの家族構成は、以下の4人家族です。

父親・母親・有働由美子アナ・妹

勝手に一人っ子のイメージだったけど、有働アナには妹さんがいるんだね。
何才離れているんだろう。

有働由美子アナの父親はどんな人?

有働由美子アナ父親は、鹿児島県にある中学校の体育教師だったのですが、後に、大阪で鉄鋼関係の下請けの会社を起こしています。

九州男児の父親は、かなりの亭主関白だったようで、良い言い方だと厳格で、夕飯の際、母親は父親と一緒に食卓につくことが許されず、父にビールを注ぐのは子供の頃から有働由美子アナの役目だったそうです。

昭和の時代はそういう家庭もあったのかもしれませんが、今だと男尊女卑と言われてしまいそうですね(;´Д`)

また、昔は厳しくて、娘に手をあげる事もあったそうです。

泣くと余計に「うるさい!」と怒鳴られ、怖くてひきつけを起こしたことがあったというから驚きです。

昔の男性ってそういうの普通だったのかな。。

う~ん、、

父とのエピソード①トイレが言えない

有働由美子アナの父親は、ドライブ好きだった事から、週末は家族でドライブに出かける事も多かったそうです。

でも、渋滞の中、トイレに行きたくなっても、父親が怖くて言えなかったといいます。

妹さんと2人でトイレに行きたくなった有働由美子アナは、車の後部座席でビニール袋を下に敷き、用を足していたのだとかΣ(・□・;)

大きい声で歌を歌いながら聞こえないように・・・

車で用を足した事を知った方が怒られそうだし、さすがにトイレは怒らないでしょう。

でも子供ながらに、それほど怖かったという事なんでしょうね。

亭主関白を超えているような気がします(;’∀’)

父とのエピソード②お酒が凄い

威厳というか怖かった父とはきちんと話すことなく育った有働由美子アナは、20歳を過ぎたころから仲良くなったそうです。

何がきっかけだったのでしょう。

父親が一人の大人として扱ってくれるようになったからなのかもしれませんね。

父は、教育の一環で、有働由美子アナが20歳になった時に、まずすぐにお酒を覚えさせたそうです。

有働アナって酒豪って聞いたけど、原点は父親だったのか。
お父さん、それ、わかっているみたいだよ。

人気バラエティ番組『しゃべくり007』に有働アナがゲスト出演した際、番組に父親からこんなお手紙が寄せられています。

「将来変な男に騙されないよう、私の教育指導の元、20歳になったらすぐにお酒を覚えさせていました。その結果、今では男に負けないくらいの酒豪になってしまい、驚いています。一緒に飲むと(有働アナは)1日で日本酒を1升半とか、ワインを軽く2、3本は1人で平気であけちゃいます。」

有働アナが20歳の誕生日の日に、父は娘をバーに連れていき、2人でカクテルを端から端まで飲んだそうですが、2人共、強いようで全然大丈夫だったのだとか。

有働由美子アナお酒の強さは父親の遺伝だったようですね。

そういえば有働由美子アナは、酔うといろんな人にメールをしちゃうらしく、あさイチで共演していたイノッチ事井ノ原さんが「有働さんからよくわからないメールが来た」と同じv6メンバーに話していたそうですよ(笑)

山下達郎さんの音楽を聴いて感動して、山下達郎さんにも「すごく良かった」ってメールしちゃったこともあるのだとか(≧▽≦)

これも遺伝?!

エピソード③進路

実は有働由美子アナは大学生の頃、弁護士になりたかったそうです。

大阪大学法学部に進学したかったものの、お受験の結果は不合格。

父親から浪人したくても許してもらえなかったといいます。

厳格な父は、有働アナにこのように言いました。

「美人なら“いいよ”っていうけど、お前の顔なら、なるべく早く社会に出て相手を見つけないと結婚できない」

ショック・・・
外見の事を言うなんて・・・有働さんしかも綺麗だし

一見ひどい言い方に聞こえますが、父親なりに、愛する娘を想って言った言葉なのだと思います。

父親は、ある意味、女性に対しての接し方が不器用なのかもしれませんね。

父から浪人を許してもらえなかった有働由美子アナは、その後、私立大学へと進学し、湾岸戦争(1990年)の中継を見たことがきっかけで、「人が行かないところにいって実情を伝えたい」と、1991年にNHKに入局しました。

あの時、父が、弁護士を目指し浪人する事を許していたら、有働由美子アナのアナウンサーとしての人生はなかったと思うと、先見の明があったともいえるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

有働由美子アナの母はどんな人?

一方、有働由美子アナ母親は、専業主婦で、家族の幸せを一番に考え、亭主関白の父親の行動にじっと耐える方だったそうです。

そんな有働由美子アナの母親は、乳がんを患い、2011年、67歳という若さで他界されています。

有働由美子アナは、幼い頃から父のいいなりになっている母を見て、自分は母のようにはなりたくないと考えていたそうです。

そして、母の分まで、自分は母ができなかったやりたいことを、気兼ねせずにやる生き方をと選んできたようです。

有働由美子アナなりの、母親への愛のカタチでもあるのでしょう。

また、子供から母を見ると、なんでこんな風にされてまで我慢をするのかと、イライラしてしまう部分もあったかもしれませんが、母にとっては、父の言動にじっと耐えていただけでなく、守ってくれている父のことを頼りにし、幸せだったから何も言わずにいられたのだと思います。

家族を1番に思い、主張をしない母は、まさに古風で、大和撫子のような方だったのではないでしょうか。

そのことが決定づけられるエピソードがありまた。
2019年に、鹿児島の民放ローカル番組初出演した有働由美子アナ

鹿児島読売テレビの開局25周年特番「有働由美子 故郷 鹿児島の今 過去から未来~大切なこと~」で、有働アナは幼少期をすごした鹿児島を訪れ、有働家のルーツを知ることになるのですが、その時に、両親をしっている方が、有働アナの母は、「とても気がきき、人のために尽くす大変すばらしい女性だった」とお話されています。

お酒が大好きな父親に「アワビを食べさせてあげたい」と思った母は、自分の着物を売ってアワビを買ったというエピソードを有働アナも初めて耳にしたようです。

やっぱり子供達には見えない部分で、母は厳しい父親を愛し、幸せだった事は間違いなさそうですね。

さて、有働由美子アナは母が他界されてからしばらくは、毎週末のように仕事が終わってから大阪の実家へ飛行機へ飛んで行っては父親のお相手をしてあげていた姿を当時、週刊誌がキャッチしていましたよ。

その時、有働由美子アナは心配そうな表情で、うつむく父親にこのように話しかけていたそうです。

「もう掃除も洗濯も全部、自分でできるようにならなきゃダメだよ…」

「お母さんは、もういないんだから…」

有働由美子アナの妹はどんな人?

有働由美子アナきょうだいには3歳年下の妹さんがいらっしゃいます。

一般人という事で、名前や年齢・顔画像など、詳しい情報は非公開ですが、姉妹とても仲が良さそうです。

有働由美子アナはかつて犬の散歩に出た際、自宅の近所で週刊誌の記者に声をかけられ、インタビューと共に写真を撮れらた事がありました。

この時、有働由美子アナが内容よりも、気になったのが自分の格好。

「足から言いますと、散歩用のおばちゃんウオーキングシューズ、部屋履きのモフモフの靴下、デニムじゃなくてジーンズで、しかも洗いすぎて短めつんつるてんのやつに灰色の大きめのトレーナー。すっぴん眼鏡で髪ボサボサですわ」

※『しゃべくり007』出典

妹さんに自分の写メを撮り、送ったら、いつもは反応が薄い妹さんから即返信がきて、

「お姉ちゃんやばいわ、その前髪、ハゲのおっちゃんがカツラかぶっているみたい。誰って感じやで」

と( ´艸`)(笑)

自分の恥ずかしい事や緊急時に、すぐに連絡するお相手が妹さんということからも、仲が良い関係であることがわかりますね。

それにしてもエピソードが面白すぎるし、妹さんの返しも面白いです(笑)

さて、そんな妹さんは現在、ご結婚されていて、父親と一緒に住んいるそうです。

有働アナが多忙な中、休日に大阪に帰っているのは、普段は父親や家のこと、妹さんに任せっぱなしだから、「せめて週末くらいはね」と妹さんを労っているようです。

素敵な姉妹愛ですね!

余談ですが、この話を聞いて思ってしまいました。
うちも母の事は私が中心になっていろいろやっていますが、姉はねぎらうどころか、自分の事ばかり優先してるのに逆になぜか文句を言ってくるくらい自己中なので、有働アナのような思いやりや助け合いの心を持った姉がいて、心から羨ましいです。

有働アナの妹になりたい・・・。

つい最後は愚痴になってしまった(;´Д`)

高内美恵子経歴,櫻井翔嫁,櫻井翔妻,櫻井翔結婚,高内美恵子画像,高内美恵子現在画像,櫻井翔復縁いつ,櫻井翔復縁きっかけ こちらも読まれています。
【画像】櫻井翔の嫁(妻)は元ミス慶応の高内美恵子で経歴が才女!結婚と復縁はいつできっかけを調査
こちらも読まれています。
【日比麻音子アナの実家の家族構成は4人】母は美人で父はどんな人?弟の年齢は?家族エピソードもまとめ
中野美奈子結婚,中野美奈子旦那,中野美奈子旦那年収,中野美奈子子供,中野美奈子夫,中野美奈子旦那馴れ初め こちらも読まれています。
中野美奈子の旦那と結婚をまとめ【年収を詳細解説】セレブな馴れ初めや交際期間もご紹介!

川田裕美アナ旦那,川田裕美アナ夫,川田裕美アナ結婚,川田裕美アナ馴れ初め,川田裕美アナ夫婦円満の秘訣,川田裕美アナ子供 こちらも読まれています。
【画像】川田裕美アナの旦那(夫)はどんな人?馴れ初め・交際期間・夫婦円満の秘訣・子供の人数や性別を総まとめ!
安住紳一郎アナ年収,安住紳一郎アナ局アナこだわる理由,安住紳一郎アナフリーにならない理由,安住紳一郎アナ役職,安住アナ年収, こちらも読まれています。
安住紳一郎アナのフリーにならない理由6選と特別待遇の年収が凄い!局アナにこだわる理由を総まとめ

羽鳥慎一嫁,羽鳥慎一妻,羽鳥慎一元嫁,羽鳥慎一元妻,羽鳥慎一離婚理由,羽鳥慎一不倫,羽鳥慎一再婚馴れ初め こちらも読まれています。
羽鳥慎一アナの年収がヤバい!元妻(嫁)栗原冬子の離婚理由と現在インスタは?再婚相手の妻(嫁)との馴れ初めは不倫?!

スポンサードリンク

有働由美子アナの父や母はどんな人?実家の家族構成や妹とのエピソードをまとめ


有働由美子アナのご家族が、一見大変な環境で育ったのかと思ったら、とても深い愛情で結ばれていたご家族である事がわかりましたね。

父親が一番、家族の大黒柱で中心的人物のように見えますが、実は母親がしっかりと手綱を引いていたのではないでしょうか。

母親は早くに旅経ってしまい、本人ももちろん家族にとっても寂しいですし、心残りもあったと思いますが、有働アナのような立派な娘さんを育てあげた事は人生にとって、とても偉大で大きな功績を残したと言っても過言ではないでしょう。

そして今もきっと天国で、有働由美子アナの活躍と家族の幸せを見守っている事と思います。

家族の応援があり、これからも、有働アナのチャレンジの足を止める事はないでしょう。

マインベストフォーユーも、そんな有働アナのご活躍を、微力ながらこれからも応援しています。