大谷翔平選手みたいな子供が欲しい人必見!最強を育てた両親の教育方法4選!家庭環境と子供の育て方をまとめ

大谷翔平選手教育方針,大谷翔平選手教育方法,大谷翔平を育てる子育て方法,大谷翔平選手家庭環境,大谷翔平みたいな子供が欲しい

スポンサードリンク
オールスターゲームに史上初めて投打の二刀流で出場し、ホームラン王争いでは両リーグトップを突き進むなど、予想を超えた活躍を見せている大谷翔平選手

大谷翔平選手の人気の理由は、野球の才能はもちろんの事、礼儀正しく、誠実な人柄が注目を集めています。

彼が天才的な才能を持ちながらも天狗にならず常に謙虚な姿勢を保てる素晴らしい人格者である背景には、大谷翔平選手を育て見守り続けてきた、父親・母親の両親の存在があります。

という事で今回は、人としてハード面・ソフト面も兼ね備えた最強で最高な男、大谷翔平選手を育てた両親の子供の育て方・教育方法についてまとめました。

大谷翔平選手プロフィール

名前:大谷翔平
生年月日:1994年7月5日
血液型:B型
出身地:岩手県奥州市
出身校:花巻東高校
身長:193㎝
体重:92キロ
家族構成:父、母、兄、姉。3人きょうだいの末っ子。
投打:右投左打

経歴
北海道日本ハムファイターズ(2013-2017)背番号は「11」
ロサンゼルス・エンゼルス(2018-)

父親の影響もあり、小学校3年生の頃から野球を始め全国大会に出場していた大谷翔平選手は、小学校5年生にはすでに110km/hという早い球を投げていました。

同じく岩手県出身のプロ野球選手の菊池雄星選手に憧れ、彼の出身校である花巻東高校へ進み、「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」ことを目標に掲げ、練習に励んでいました。

・高校1年生 「4番・右翼手」最速147km/hを記録

・高校2年生 最速151km/hを記録。「みちのくのダルビッシュ」と呼ばれ話題となる。

・第93回全国高等学校野球選手権大会初戦の帝京高校戦では骨端線損傷により、4回途中から登板し、当時高校2年生最速タイ記録の150km/hを記録した後に治療に専念。

・3年生になる直前の第84回選抜高等学校野球大会初戦で敗退してしまうも、3年生の夏の岩手大会の準決勝・一関学院高校戦でアマチュア野球史上初となる160km/hを記録。

・3年生の9月に第25回AAA世界野球選手権大会の日本代表に選出し、最速155km/hを記録するも敗戦。

・3年生の9月18日、プロ志望届を提出。

ドラフト会議ではファイターズが大谷を1巡目で単独指名し交渉権を獲得し、に北海道日本ハムファイターズもドラフト会議で1位指名しました。

大谷翔平選手はかねてからアメリカでやる事が目標だったことから、指名挨拶のため日本ハムから訪問を受けた際にも面会しなかったのですが、その後、2度目の訪問で指名挨拶を受け両親を交えた入団交渉を4度に渡り行い、前年までダルビッシュ有が着用していた背番号11、投手と打者の「二刀流」育成プラン等を提示された結果、2013年に、将来的にはメジャーへ行くと志し、日本ハムに入団しました。

その時の提示された年俸は、契約金1億円+出来高払い5,000万円、年俸1,500万円(推定)というものでした。

大谷翔平選手の紳士的な対応は敵にまで及び称賛

大谷翔平選手の両親の教育方法の前に、まずは最近話題となった大谷翔平選手の紳士的な行動をご紹介します。

日本時間の7月7日に本拠地アナハイムで行われたボストン・レッドソックス戦での出来事です。

今回も大活躍の大谷翔平選手ですが、この試合で対戦相手となったアローヨ選手のバットが割れてしまい、なんと大谷翔平選手、なんとアローヨ選手のもとへと駆け寄ります。

自分の元に落ちてきたわけでもなく、マウンドの右方向に落ちたバットの破片を、アローヨ選手のもとへと駆け寄り手渡しました。

これを見ていた人たちからは、大谷翔平選手のその紳士的な行動に称賛の嵐となりました。

大谷翔平選手の思いやり溢れる人柄が世界にも伝わった瞬間でしたね。

大谷翔平みたいな子供が欲しい!ファンは羨望のまなざし

大谷翔平選手さんの魅力はもはや、アスリートとしての能力のみならず、礼儀正しさや気配り、物腰の柔らかさではないでしょうか。

そのすべてを兼ね備えている大谷翔平選手さんのような子に、どういう風に育てたらあんな風になれるのかとファンは興味深々です。

と、本当に多くの方が、大谷翔平選手みたいな子供が欲しい、またはああいう人に生れたかったと思っています。

中には「あんな風な体格になりたかった」という方もいらっしゃいますね。

大谷翔平選手の体格は、もちろん鍛えあげたものもありますが、遺伝が大きいようです。

というもの、ご両親(父親・母親)も、もともとスポーツ選手で高身長で体格がしっかりしているから。

ご兄弟皆さんもかなりの高身長なのだとか。まさに遺伝ですね。

大谷翔平みたいな子供を育てる両親の教育方法

大谷翔平選手教育方針,大谷翔平選手教育方法,大谷翔平を育てる子育て方法,大谷翔平選手家庭環境,大谷翔平みたいな子供が欲しい

スポンサードリンク
それではここからは大谷翔平選手を育てた両親の教育方法についてご紹介します。

ご両親の子供の育て方、教育方針については、『特別な家庭内ルール』を設ける事はなかったそうです。

一方で、どういった事をやってきたかと調べてみると目からうろこな事がたくさんありました。

どちらかというと見守って育てたところが大きいようですね。

大谷翔平選手を育てた教育方法①細かいことに口を出さず見守る

大谷翔平選手も自身の家庭環境を、両親から叱られた事がないと語っています。

「親からネガティブな叱責を受けていない子どもは、自分の考えを信じて成長できます。大谷選手が他人の意見によって自分の心の声を消してしまうことがなかったのは、両親の自分をやさしく見守るような子育てに起因していたのではないかとも考えられますね」
※女性自身出典

大谷翔平選手を育てた教育方法②何でも本人に決めさせる

大谷翔平選手は水泳に関しては、小学校5年生で辞めていますが、カラダの基礎ができると言われる3歳~8歳の時期に神経系の発達や身体機能をバランス良く育てる事ができる水泳を行った事は非常にその後のスポーツ選手としての人生にとって良い事のようです。

当時、大谷翔平さんが日本ハムに行くかどうか、両親も交えての話し合いを球団とされていたので、両親の意見で決めたのかと思っていましたが、違っていたんですね。

大谷翔平選手を育てた教育方法③家族で食卓を囲み嫌いな食べ物も強要しない。

大谷家が特に大切にしていた事が、食事の時間だったそうです。

夕食は必ず家族5人揃って食卓を囲むと言ったものでした。

ちなみに小さい頃の大谷翔平選手はトマトが大の苦手だったそうです。

一般的な家庭だと、「体にいいから食べなさい」なんてこともあると思いますが、大谷家は何しろすべて自分の判断に任せると言った教育方針だった事から、食べ物に関しても 「好き嫌いするな」といった事は言わず、嫌いな食べ物を強要する事はなかったそうです。

食べ物の事にあまり神経質にならず、おおらかに育ったのもよかったのでしょう。

それよりも大事にしていたのが、とにかく楽しい雰囲気で食事をすることで、自然と会話も増えていったのだとか。

大谷翔平選手を育てた教育方法④野球を家庭に持ち込まない・夫婦円満

大谷翔平選手の父親の徹さんは、もともと自身が社会人野球選手として活躍してきた方で、大谷翔平選手が子供の時からの7年間を野球チームの監督を務めながら、指導をしてきた方です。

そう聞くと、家に帰っても野球漬けになるのでは?と思いがちですが、大谷家はそういったところもおおらか。

父は監督として大谷翔平さんにはグラウンドでは厳しく指導しても、家には野球を持ち込まないようにしていたそうです。

「家に帰ってからはガリガリと1対1で練習したことはなかったですね。グラウンドでの練習を色濃くして、ウチに帰ったら自主練習。そういうスタイルで翔平を見守り続けました。まだ体が成長段階にある子どもですからね。家でも熱血指導をしてしまうとケガにつながる場合がある。だから意識的に家では指導をしませんでした。」徹さん。

それよりも大事にしていた事は、家庭の中は子供たちが安らげる空間を作ることでした。

子供たちが安らげる家庭を作る為に両親が唯一決めた事がありました。それは『子供達の前で夫婦げんかはしない』ことだったそうです。

その結果、家族で過ごす時間は大谷翔平選手にとっても居心地のいい時間となり、自分の部屋があっても、勉強する時もテレビを見る時も部屋を使わず家族のいるリビングですごしていたそうです。

いかに、家族と過ごす時間が一番心地よいという事が伝わってきますね。

この両親の方針は、良い夫婦関係を気付くコツにもなりうる素晴らしいものではないでしょうか。

メモしないとφ(..)メモメモ

大谷翔平選手を育てた教育方法⑤一生懸命に野球を教えた

やはり元野球選手の父親の存在が大きいでしょう。

父親はプロとはいかなかったものの、企業で社会人野球選手として活躍され、小学校時代は監督を、水沢南中時代に所属した一関市にあるシニアリーグのチームではコーチを務め、そういった父の背中をずっと見て育った大谷翔平選手

父は、勤務先の自動車会社の夜勤明けでも、そのまま大谷翔平選手と試合に出かけ、指導してくれたそうです。

大谷翔平選手は、父とは家庭よりもグラウンドで接している時間の方が長かったのだとか。

そして父親は、息子だろうと何だろうと特別扱いをすることはなく、だからこそ、実力をつけようと、人一倍努力をしたそうです。

唯一、他の子供達との違う点は、小学校5年生まで行った、父と息子の野球における交換日記「野球ノート」でのやり取りでした。

大谷翔平選手は試合の反省やこれからの課題を書き、父親の徹さんは、その日の評価やアドバイスを書いたノートです。

「悪かったときに次に何をすれば課題を克服できるのかを考えて行動に移すことが大切」と思っていた父親の徹さんは、野球ノートに反省や課題をを字で書き残すことによって、やるべきことが頭に入り、練習における意識付けできると考えたそうです。

父親の野球ノートによる教えは3つ。

①「大きな声を出して、元気よくプレイする」

②「キャッチボールを一生懸命に練習する」

③「一生懸命に走る」

野球をやっている以上は、上記の3つのを大切にしながら進んでほしいという思いを込めて書き続けていたそうです。

その指導が現在にも生きていますね。

大谷翔平選手の走りについて専門家が称賛しています。

野球選手は、静止状態から走るのが苦手な人が多い中、大谷翔平選手は、早いのだそうです。

野球選手は投げること、打つことに関しては小さい頃から事細かに指導を受けますが、走ることに関してはそこまで教えてもらっていないと思うんです。それができるのは、やはり天性のものなのでしょうか。 「そこは本人に聞いてみないとわかりませんが、中高生に『体の中心から動かせ』と言ってもなかなかできないですからね。大谷選手は股関節と肩甲骨の使い方がうまいのでしょう。
※ヤフーニュース出典

メダリスト朝原宣治さんコメント

股関節と肩甲骨に関しては、やはり幼少時代に水泳に取り組んでいた事は大きいのではないでしょうか。

このように、父親の徹さんがこれまで経験した野球理論を伝え、両親が大谷選手がプロとして確立するまでのヒントを与え続けた事が、世界最高峰の舞台でも誠実さを失わず安定した精神で功績を残す大谷翔平選手を育てた原点となったのでしょう。

大谷家はみんな高身長!やっぱり遺伝?

最後に、やはり遺伝もあるというところで、ご家族皆さんの身長をご紹介します。

大谷翔平選手さんの身長は192㎝と大きい事でも有名ですが、ご家族皆さんびっくりするくらい大きいのです。

徹の父・正幸さんは180センチ

父親の徹さんは182センチ

母親の加代子さんは、170センチくらい

兄の龍太さんは187センチ

姉の結香さんは168センチ

さらに翔平さんの男性のいとこさんも192センチ、女性のいとこさんも168センチ、他に190センチの親戚が2人と、みんな大きかったのです!!

これを聞くとスポーツをやる為に生れてきたんだなという遺伝的な物も感じますね。

関連記事。
【2012年~2021年】大谷翔平選手の年俸の推移と成績の推移まとめ
こちらも読まれています。
大谷翔平選手は誰と結婚する?結婚相手(妻)や歴代彼女に注目!狩野舞子との交際や破局理由の真相は?!好きな女性のタイプも調査
 こちらも読まれています。
【画像】大谷翔平選手の家族(父親・母親・兄・姉)は皆スポーツ万能!野球の才能があり最強な理由は遺伝子だった?!
こちらも読まれています。
謎解きクリエイター松丸亮吾が東大に合格した勉強方法・暗記方法・記憶術・勉強嫌いの克服方法・頭の回転がよくなる方法が凄い!
こちらも読まれています。
メンタリストDaiGo(ダイゴ)の出身大学は慶應義塾大学で偏差値は?大学院中退理由や部活・アルバイトも調査

大谷翔平選手みたいな子供が欲しい人必見!最強を育てた両親の教育方法4選!子供の育て方をまとめ

大谷翔平選手教育方針,大谷翔平選手教育方法,大谷翔平を育てる子育て方法,大谷翔平選手家庭環境,大谷翔平みたいな子供が欲しい

スポンサードリンク

今回は、今最も注目を集めている大谷翔平選手の原点を探るべく、大谷翔平のような子供を育てたい人の役に立てればという思いで、大谷翔平選手を育てた教育方法・方針をまとめました。

いやあ、何で自分はこうなったかな~と思った事が2点3点とありましたよ。

みなさんはどうでしたか。

この記事が、皆さんの明日からの何かヒントとなるとうれしいです。

という事で最後までお読みいただきありがとうございました。

Translate »