久間田琳加(りんくま)の実家が金持ちと言われる理由6選と家族構成!父の職業は?母や兄との家族エピソードも

こんにちは!あいです。

小学生から中学校の女の子が大好きなファッション誌『二コラ』の専属モデル出身で、『Seventeen』や『non-no(ノンノ)』でも活躍しているモデルで女優の、りんくまこと久間田琳加さん。

モデルのお仕事にとどまらず、お芝居やバラエティ番組への出演など、今、最も勢いが止まらない女優&モデルさんです。

外見が可愛いだけでなく、10代にして女優としての頭角を現し、その高い演技力から話題作にひっぱりだことなっている久間田琳加(りんくま)さんは、天は二物を与えたと言っても過言ではなにでしょう。

もちろん演技力な本人の努力あっての事と思いますが、こんなに素晴らしい逸材を産み育てたご実家のご家族がどんな方なのかも気になりますね。

そして、どうやら久間田琳加(りんくま)さんのご実家・家族にはお金持ち説があるのです。

そこで、今回は、久間田琳加(りんくま)さんのご実家がどんな風なのか、家族構成や父親・母親のお仕事、そしてお兄さんがいらっしゃるようなので、ご家族とのエピソードと実際にお金持ちなのかについて調査してみました。

<この記事で分かる事>

・久間田琳加(りんくま)さんの実家の家族構成。

・久間田琳加(りんくま)さんの父親の仕事・職業。

・久間田琳加(りんくま)さんの母や兄がどんな人で家族のエピソード。

・久間田琳加(りんくま)さんの実家家族が金持ちなのかどうか。

ぜひ最後までお読みくださいね♪

スポンサードリンク

久間田琳加(りんくま)のプロフィール・キャリア

この投稿をInstagramで見る

久間田琳加(@rinka_kumada0223)がシェアした投稿

【生年月日】2001年2月23日
【出身地】東京都
【血液型】AB
【サイズ】身長164cm
【出身校】玉川学園高等学校
【趣味】ショッピング、少女漫画を読むこと.

2012年に第16回nicola専属モデルオーディションのグランプリを受賞しデビュー。

きっかけは、子供の頃から雑誌が大好きで、小学校4年生頃から読み始めた『ニコラ』のモデルオーディションが6年生の時に開催されることを知り、応募したのがモデルとしての第1歩だったそうです。

『ニコラ』の専属モデルをを2017年に卒業した後の高校2年生の時に、オーディションで合格し、雑誌「Seventeen」の専属モデルを経て、non-noの専属モデルも務めました。

以降、現在は、モデルにとどまらず、女優としても活躍しています。

そんな久間田琳加(りんくま)さんが尊敬し、目標にしている人は、同じく『Seventeen』モデルだった女優の中条あやみさんなのだそうです。

2019年のインタビューでは、久間田さんは「女優も、機会があれば頑張らせて頂きたいなと思います」と女優業に意欲を見せていました。

この投稿をInstagramで見る

久間田琳加(@rinka_kumada0223)がシェアした投稿

その思い通り、続々とドラマや映画での主演も決まり、所属事務所の先輩に同じく二コラモデル出身の女優・新垣結衣さんらがいらっしゃることからも、今後さらに女優としての地位を確立されていかれるのではないでしょうか。

久間田琳加(りんくま)の家族構成

久間田琳加(りんくま)さんは、雑誌のインタビューで家族構成をこのように答えています。

家族構成:父、母、兄、私の4人家族
きょうだいは、6歳年上のお兄さんがいらっしゃるのですが、久間田琳加(りんくま)さんには、お兄さんについてお悩みがあるのだとか。
では、早速ご家族それぞれのエピソードと共に、実家がお金持ちであるかの検証をしていきたいと思います。

久間田琳加(りんくま)の父の職業や年齢

久間田琳加(りんくま)さんの父親について、一般人の為、画像や年齢・お仕事について明かされていません。

分かっている事は、父親の仕事の関係で、久間田琳加(りんくま)さんは生まれてすぐフランスに渡り、5歳頃までリヨンで育ったことから、父や外資系のお仕事をされているのではないでしょうか。

フランスに支社を置いている日本の企業で有名なところを挙げてみるとこんな感じです。

金融・保険業界

  • アクサ(AXA)
  • BNPパリバ

製薬業界

  • サノフィ

自動車業界

  • ルノー
  • PSA・プジョーシトロエン
  • ミシュラン

食料品業界

  • ダノン

アパレル・ファッション業界

  • LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン
  • イヴ・サン・ローラン
  • S.T.デュポン
  • エルメス
  • カルティエ
  • シャネル
  • ロレアル
  • ロクシタン
  • プチ・バトー

現在は、さらに産業が発展しているリヨン。

父親が起業されている方ではなかったら、父親の会社は、もしかしたら上記の会社の中でも、役員であるかもしれませんね(#^^#)

父の日についてのInstagramでは、「頼りになる」と書かれているように、家族を守る力があって、お仕事が出来るカッコいい父親である事は間違いないでしょう。

頼りがいがある父親がいると、家族って1つにまとまるんですよね。

父の日に家族みんなでケーキを食べるといった、絵にかいたような幸せなご家族で素敵です。

我が家は、父親が働かず頼りなかっただけに、父の日にケーキは出さなかった事を思い出しました(;´Д`)だから余計に羨ましいデス。。

久間田琳加(りんくま)の母親は綺麗好きで家庭的なママ

久間田琳加(りんくま)さんの母親は、いったいどんな方なのでしょうか。

母親についても一般人の方なので、画像や年齢、名前などの個人情報は公開されていません。

お仕事については、毎日、久間田琳加(りんくま)さんら家族の健康に気を配り、朝ごはん、お弁当そして夜ご飯を毎日作ってくれている事をブログで明かしているので、専業主婦でいらっしゃるのではないでしょうか。

母親は、また父とは違った意味で頼りになる存在のようですね。

母親は、とてもやさしい方で、久間田琳加さんは母に普段から何でもオープンにいろいろな話をしているそうです。
いつでも相談にも載ってくれる心強い存在なのだとか。

親子喧嘩もほとんどなく、休日には一緒に買い物にでかけたりと、とても良い関係のようです。

そして、久間田琳加(りんくま)さんの綺麗好きは、母親譲りなのだそうですよ。

料理上手で綺麗好きな母なんて、女性として理想的な方ですね!

2020年6月にビューティースタイルブック『明日、もっとキレイになる♡りんくまがじん』、写真集『りんくまちっく』を同時発売している、久間田琳加(りんくま)さん。

良いものを作ろうと、1日にメイクを20回変えたり、朝から夜まで行われた過酷な撮影の際には、まぶたが熱く、痛くなりながらも家に帰って、保湿をなんとか頑張って臨んだそうです。

撮影が終わってから、母親から「『いただきます』か『おやすみ』しか喋ってなかくて、ロボットみたいな生活だったね」と言われたそうです。

本を作るために集中して頑張っていた娘に、撮影期間中には言わず、終わってから伝えるところが、すごいですよね。

頑張っている時に、あーだこーだ言われると、人ってよりいっぱいいっぱいになってしまうことがわかっているところに人間力を感じます。

久間田琳加(りんくま)さんが芸能界でこれだけ輝くことができたのは、いつも相談に乗ってくれ、時に何も言わず見守ってくれる母親の存在がとても大きいのではないでしょうか。

久間田琳加(りんくま)は母の料理が大好き

琳加さんが大きな仕事に挑む前に、気合を入れるために、母親が久間田琳加(りんくま)さんの好きな料理を作ってくれるそうです。

例えば、母のドライカレーがおいしいのだそうです(#^^#)

以前、ノンノの1日の食事が掲載されていましたが、彩りも豊かで、野菜とタンパク質を重視した撮ってもヘルシーなお料理の数々でした。

お料理の内容を見ると、美意識が高い方が作るようなお料理だったので母親も、とっても綺麗な方なんだろうなと思いました。

久間田琳加(りんくま)の実家はお金持ち?理由

ファンの間では久間田琳加(りんくま)さんのご実家のご家族がお金持ちなのではないかと言われているのです。

当然ながら、ご本人が言った事は1度もありませんが、生い立ちなどを知る限りではお金持ちである可能性を、とても感じられます。

どんなところがお金持ちだと思われているのでしょうか。

久間田琳加の実家金持ち説①フランス在住

まずは、1つに幼少期、父の仕事で海外、しかもフランスで6年間生活していた事が挙げられます。

まず、海外での仕事をされているという事は、外資系の会社にお勤めている、または、個人が経営者である事が予想されます。

会社員である場合でも、優秀な人材でなければ、海外駐在をされることは会社としてもしないでしょう。

久間田琳加(りんくま)さんが幼少期なので、もうかれこれ20年以上前の事で、父親も当時はとても若かった事から、お若い時からものすごくお金持ちというわけでないにしても、海外赴任を任命される時点で、将来有望な社員であることが考えられます。

さらに、海外駐在員に任命されると、海外勤務手当が通常の給与に付加され他、会社からの手厚い補助を受けることができますので、海外で十分生活できるくらいの収入があったのでしょう。

久間田琳加の実家金持ち説②年収

琳加さんの父親の年収が開示されているわけではありませんが1つの目安として…

久間田琳加(りんくま)さんが海外に住んでいた場所は、フランスのリヨンだそうです。

フランスのテレビ局BFMTVが「お金持ちの収入はどのぐらいですか?」と街頭インタビューしたところ、回答はまちまちだったものの、20位に選ばれていた都市はリヨンの6区で、この区の富裕層上位10%の平均年収は66 260ユーロ(約914万円)なのだそうです。

おそらく当時の父親の年齢は20代後半から30代半ばだとして、その年代で、年収1000万近くもらっていたとしたら、かなりの有能な人物で、富裕層と言うカテゴリーに入るのではないでしょうか。

久間田琳加の実家金持ち説③幼少期から習っているバレエ

お金持ちのご家庭で育った女の子の習い事の代表的でもあるクラシックバレエ。

久間田琳加(りんくま)さんは、なんと3歳から中学校2年生まで習っていたそうです。

週1回程度の月謝も、6000円くらいと言われているバレエなので、ちょっと余裕のあるご家庭のお子さんも通わせる事が出来ると思いますが、久間田琳加(りんくま)さんはこの当時、将来はバレリーナ―になりたくて、週6回とレッスンに励んでいたそうです。

単純計算で、週6回だと月36,000円の月謝ですが、さらにバレエには発表会があります。

発表会ごとに就き10万円程の費用がかかったり、さらに衣装代などの費用がかさむと、お金持ちのご家庭の子供さんでした続けることは難しいでしょう。

私の友人も、子供の時からバレエを習っていましたが、やっぱり社長令嬢だったので、久間田琳加さんのご実家がお金持ちである事は、ほぼ間違いないでしょう。

久間田琳加の実家金持ち説④出身校が玉川学園

この投稿をInstagramで見る

久間田琳加(@rinka_kumada0223)がシェアした投稿

久間田琳加(りんくま)さんは、小学校から高校までの12年間、東京都の私立・玉川学園に通っていました。

小学校から私立に通えるお子さんのご自宅が、お金じゃないわけがありません。

また、玉川学園は、小田急線沿線の学校の中でもお嬢様学校としてしられています。

町田駅のお隣、玉川学園前駅にある玉川学園。
小田急線に乗ると電車の中からも見えてくる気品漂う玉川学園の校舎。

ほぼ帰国子女の久間田琳加(りんくま)さんにとって、玉川学園の大きな特徴でもある、IBにも繋がるバイリンガル教育は、御両親にとっても、安心だったのでしょう。

なお、玉川学園の学費については、ホームページに以下のように掲載されています。

2022年度の学費

一般クラス
1年生 2年生 3年生
入学金 150,000円
授業料 851,000円 858,000円 865,000円
教育諸料 141,500円 141,500円 141,500円
教育情報料 44,000円 44,000円 44,000円
施設設備金 220,000円 220,000円 220,000円
授業料等合計
(入学金除く)
1,256,500円 1,263,500円 1,270,500円

年間125万円を12年間となると、1千5百万円かかることになります。

これは、完全にお金持ち認定ですね(*’▽’)

久間田琳加の実家金持ち説⑤家族で海外旅行

久間田琳加(りんくま)さんは、家族でよく海外旅行をしていたそうです。

ポイントは、『家族でよく海外旅行へ』と頻繁に行っていたところですね。

特に思い出深いエリアは、サムイ島で、海がとってもきれいなのだそう。

ハワイとかサイパンとか、韓国とかじゃなくて、サ・・・?サムイ島???

どこだ???

庶民にはわからなったので、調べてみたらマレーシアでした。

ハネムーンなどで行かれる人も多い楽園ですね。

久間田琳加の実家金持ち説⑥20才の時のプレゼントが高級

20歳のプレゼントに両親からBvlgariのネックレスをもらったという久間田琳加(りんくま)さん。

「ずっと使えるものが欲しい」と思って、ご本人が選んだそうですが、ゆとりのないご両親だったら、高額なネックレスをおねだりする事もないでしょう。

両親からプレゼントしてもらったネックレスは、ブルガリのディーヴァ ドリーム ネックレスで、公式ホームページを見たら、なんと334,400円でした( ̄▽ ̄;)高い!!

18Kピンクゴールドで、ペンダントトップには、パールのエレメントとダイヤモンド1個があしらわれていて、上品なネックレスです。

これをおねだりできるって、もしかしたら、父親は会社員ではなくて、会社経営者の可能性もありますね。

久間田琳加学歴,久間田琳加出身校,久間田琳加大学 関連記事。
久間田琳加(りんくま)大学は?進学しなかった理由や学歴・出身校を学生時代のエピソードをまとめ

久間田琳加(りんくま)の兄はどんな人?

久間田琳加(りんくま)さんには、6歳年上の兄が1人います。

家族の仲が良いと、当然「兄ともとっても仲良しです」と言う言葉が想像できるのですが、どうやら何かモヤモヤしている事があるようです。

これは2019年に関西テレビ系のバラエティ番組『グータンヌーボ2』に出演した際に明かされた事なのですが、10代の時に、兄に対しての反抗期が凄くて、『やめて!』『うざい!』を言ってしまった事から、それ以降口を利かない関係になってしまったそうです。

兄は、既に実家を出ているので、連絡先も知らないのだとか。

謝るにも、恥ずかしくて言えないでいるのだそうです。

反抗期を迎えるまでは、お兄さんがよく面倒を見てくれてたそうです。

親だったら簡単に、反抗期だから仕方ないと許してくれるでしょうが、お兄さんとしては、これまでずっと可愛がっていた妹からうざいと言われて、よほどショックだったんでしょうね。

特に6歳上とはいえ、まだ20代そこそこの年齢で、寛容にはいられなかったのでしょう。

でも、妹の今の活躍がうれしくないわけないですし、陰できっと応援してくれているでしょうから、そこは大人になって、素直な気持ちを伝えたら、すぐに良い関係になれると思います。

男の人の方は、傷ついやすいし、プライドもあるでしょうから、そこは、妹さんの方から仲直りのきっかけを作った方がよさそうですね。

言葉が難しければ、10月29日がお誕生日のお兄さんへ、手作りアップルパイを母伝で渡してあげるだけでも気持ちは伝わるのでは?

自分が作る家族はどんな家族が理想?

2020年のまだ19歳だった久間田琳加(りんくま)さんが、連続ドラマの出演にちなんで、結婚観を質問されると、

私自身、まだ「結婚ってなんなんだろう」という感覚です。特に1話目は、そうした思いを素のまま出せたらと思っていました。「疑問もありつつ、とにかく生活してみよう」という。私も深く考えたことがなかったのですが、でもこの作品を通じて結婚したくなりました。

と、まだ考えていないものの、結婚って良いものだなと漠然と感じていたようです。

理想としては、良い人に出会えたら、30代くらいまでには結婚したいとも明かしています。

将来の家族になる旦那像については、『会話の波長の合う人がいい』とも。

さらに頼れる人がよいと明かしていました。

具体的にはパソコンとか、テレビのコードのつなぎ方とか機械が得意な人だったらより理想的なんだそうです。

父親が頼れる人だけに、超える人に出会えると良いですね♪

スポンサードリンク

久間田琳加(りんくま)の実家が金持ちと言われる理由6選と家族構成!父の職業は?母や兄との家族エピソードも

久間田琳加(りんくま)さんのご家族は、とても頼りがいのある父親と、料理上手で家族の健康を考えたご飯を毎日作ってくれるやさしくも相談しやすい母親の元、大切に育てられた事がわかりました。

そして、昔は可愛がってくれたけど反抗期に喧嘩して疎遠になって兄がいることも。

お互い意地をはっているだけだと思いますので、仲直り出来るのも時間の問題なのではないでしょうか。

久間田琳加(りんくま)さんのご実家のご家族がお金持ちであるかを検証した結果、お金持ちのご実家である事葉間違いなさそうですね。

久間田琳加さんのご活躍は、そのご家庭さえも超えるくらい今後さらに有名になっていかれることでしょう。

これからの、久間田琳加(りんくま)さんの女優としての活躍がとても楽しみです。

マイベストフォーユーはこれからも応援しています。

という事で、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。