吉川晃司のチームバチスタモデル医師は心臓外科の須磨久善で経歴が凄い!なぜ狭心症になった原因や症状は?

スポンサードリンク
こんにちは!あいです。

ミュージシャンで俳優の吉川晃司さんが、狭心症で手術をしていたことがわかりました。

50代に突入してからも、毎日10キロのジョギングと3キロの水泳にと、運動や健康管理にストイックだった吉川晃司さんが、胸に異常を感じ、人間ドックを受けたところ、心臓の血管が狭窄していることから、心筋梗塞を発症する可能性があり、狭心症と診断され、緊急オペをしました。

精密検査の際、心臓の3分の1が機能していなかったそうですが、手術は無事成功し、経過は良好。

これで一安心ですが、その成功の背景には、神の手を持つといわれている天才ドクターの存在がありました。

吉川晃司さんのオペを担当したのは、かつてドラマ「チーム・バチスタの栄光」を監修し、心臓外科の権威である医師を演じていた時のモデルとなる人物です。

ドラマの撮影当時には、直接演技指導を受けていた医師の存在があります。

今回吉川晃司さんが狭心症と診断された際も、その神の手を持つ心臓外科医に相談し、“チーム・バチスタ級”のチームが結成され、万全の態勢の下で治療、手術を受けることができました。

その天才ドクターが、誰でどんな凄い医師なのか、注目を集めています。

吉川さんの手術を担当した“チーム・バチスタ級”オペチームリーダー医師は、神の手を持つ心臓外科医の「須磨久善医師」です。

須磨久善医師は、あの天皇陛下の心臓手術を担当した外科医・「ゴッドハンド」天野篤医師の「師匠」としても有名な先生です。

ということで、今回は、吉川晃司さんを助けた神の手を持つ心臓外科医の「須磨久善医師」が一体どんな先生でどれだけの経歴の持ち主なのか、また、ストイックにトレーニングに励み健康管理していた吉川晃司さんの狭心症になってしまった要因・原因を調査していきたいと思います。

これまでの経緯

ファンの皆様へ

いつも吉川晃司を応援いただきありがとうございます。

2021年2月16日(火)、吉川晃司は狭心症の手術を受けました。術後の経過も問題なく、現在はこれまで通りの活動を行っておりますことをご報告致します。

手術は無事終了し、翌日には退院致しました。
主治医、執刀医からも、今後定期的な検査は必要なものの、アーティスト活動には全く問題はないとの説明を受けております。

 

2021年2月27日に、公式ホームページにて吉川晃司さんが、狭心症を発症していたことを公表しました。

吉川晃司さんは、3年程前から心臓に違和感を感じていたそうです。

そんな中、2020年12月に人間ドックを受けた際、再検査の必要性を指摘され、2021年2月上旬に精密検査を受けました。

精密検査の結果、冠動脈が狭窄(心臓の血管が狭くなっている状態)していることから、緊急オペが必要となり、手術しました。

無事オペは成功し、音楽活動も、これまでと同じようにできるそうです。

ご本人からは、

<<吉川晃司よりメッセージ>>
もう仕事に戻っているので、どうぞ皆さんご心配なく!
放っておけば倒れていたかもしれないところで、僥倖にめぐりあい未然に防ぐことが出来たという強運に心から感謝したいと思います。

2021年2月27日
株式会社アクセルミュージックエンターテイメント

という、喜びと安心のコメントが発表されました。