【2023年】長澤まさみの父・長澤和明はどんな人で現在は?功績が凄い!親子エピソードもまとめ

長澤和明現在,長澤まさみ父,長澤まさみ父エピソード

スポンサードリンク

こんにちは!あいです。

長澤まさみさんの父親と言えば、ジュビロ磐田』の初代監督で、現役時代は サッカーの日本代表としても活躍されていた長澤和明さんというのは有名ですが、サッカーに詳しくない人にとってはどれだけすごい方なのかわかりにくいですよね。

サッカー界の重鎮だったのか!

また、父としての長澤和明さんがそんな方なのかも気になります。

そこで今回は、長澤まさみさんの父親の長澤和明さんにスポットをあて、『長澤まさみの父・長澤和明はどんな人で現在は?功績が凄い!親子エピソードも』についてご紹介します。

ぜひ、最後までお読みくださいね!

長澤まさみの父・長澤和明のプロフィール!

長澤和明現在,長澤まさみ父,長澤まさみ父エピソード

長澤和明 プロフィール

生年月日:1958年2月4日
出身地:静岡県清水市
出身校:清水東高校を卒業後、東京農業大学へ
血液型:A型
身長:177cm

長澤まさみの父・長澤和明の現役時代のポジションがすごかった!

数多くのプロサッカー選手を輩出してきた名門校、清水東高校時代に高校総体3位、高校選手権準優勝を経験し、高校生で早くも頭角を現していた長澤まさみパパの長澤和明さん。

東京農業大学を卒業後は、現・ジュビロ磐田のヤマハ発動機に入社し、1978年20歳の時から日本代表としても活躍しました。

なんかすごいね!!
で、ミッドフィルターってなんだ?

ミッドフィルダーとは、サッカーのディフェンダーとフォワードの中間に位置するポジションです。(ハーフと呼ばれることもある。)

つまり、ミッドフィルターは、ディフェンスとフォワードの中間なので、攻撃はもちろん守備でも様々な役割を求められます。
チームの心臓といっても過言ではないですね。

皆さんがよく知っている有名なミッドフィルターの元選手と言えば、ラモスさんや木村和司さん、香川真司さんや、本田圭佑さんの名前を聞くとわかりやすいのではないでしょうか。

いかに、長澤まさみさんの父親が重要なポジションで活躍していたかがわかりますね。

20歳で日本代表に選ばれた長澤まさみパパは、当時同じポジションに、あの有名なミッドフィルター選手の名前によく挙がる木村和司選手がいたことから、9試合出場まで出場し、その後は怪我で、31歳で現役選手を引退しています。

現役引退後はヤマハのコーチを務めた後、1991年に監督に就任しています。

在任中にヤマハチームが「ジュビロ磐田」に改称したため、長澤和明はヤマハ最後の監督と同時にジュビロの初代監督となった事でも注目を集めました。

長澤まさみの父・長澤和明の現役選手引退後の監督としてのキャリア

1991年:ヤマハ発動機サッカー部監督就任
1993年:Jリーグ準会員となり『ジュビロ磐田』に改称
1994年:オフト氏が監督として再招され退社。
1995年:Lリーグ・鈴与清水FCラブリーレディース監督就任
1997年:ジャパンフットボールリーグ・本田技研工業サッカー部(HondaFC)監督就任
1999年:ソニー仙台FC監督就任
2001年:常葉学園橘高校サッカー部(静岡県)監督就任
2008年:浜松大学サッカー部監督就任
2008年:スカパー!、静岡放送のジュビロ磐田ホームゲームの解説担当
2013年:グランセナ新潟FC(北信越フットボールリーグ2部所属)総監督就任
2014年:北越高等学校サッカー部(プリンスリーグ北信越)監督就任
2015年:母校・静岡県立清水東高等学校サッカー部ヘッドコーチ就任
2017年:シーズン終了後退任
2017年11月:浜松フットボールアカデミーで小・中学生にサッカーの指導
2020年:浜松フットボールアカデミー・副理事長

長澤まさみの父・長澤和明の監督としての優勝功績

・1992年ジュビロの監督時代:旧J1(ジャパンフットボールリーグ)優勝

・1993年ジュビロの監督時代:Jリーグ昇格

・2005年静岡県の常葉学園橘高校サッカー部監督時代:静岡県大会で優勝、全国大会進出へ導く。

現役を辞めてからも、数々の企業や学校からお声がかかっていることは、監督としての功績が認められていた証拠ですね。

長澤監督は、とても面倒見がよい事で知られいて、情熱的な指導による統括力で、チームが一丸となり、優勝に導いてたようです。

長澤まさみの父・長澤和明の人柄はとても面倒見がいい

面倒見がよいのは、選手だけにとどまらず、困っているに手を差し伸べる人間力のある方です。

元サッカー選手で同じようにサッカーの監督を長年務めてきた大木武さんが、現役からコーチのお話を頂いた際、未経験から不安になり長澤監督に相談したところ、自分の指導している姿を見せてくれたり、大木武さんがコーチを務めるチームにまで足を運んで親身になってくれたそうです。

「あの人は結構ぶっきらぼうですけど、自分が一番困っている時に助けてくれたんですよね。優しいし、面倒見がいい人なんです。和明さんは忘れているかもしれないですけど、僕は忘れないです。自分が一番困っている時に、手を差し伸べてくれたのはあの人ですから」

元サッカー選手で監督の大木武さんインタビュー

自分のチームだけでも多忙だったと思いますが、足を運んでアドバイスをしてくださるとは、思いやりに溢れる方なんですね。

また、現在指導者として活躍している、元日本女子代表のエース半田悦子さんの時も、手を差し伸べていらっしゃいました。

半田悦子さんがサッカーを引退後の方向性に悩みながらもサッカーを教える仕事がしたいと思っていた時に、長澤和明さんから、御殿場のサッカー教室を紹介してもらったそうです。

半田悦子さんはそこから現在に至るまで、サッカーの指導で生活するようになったそう。

みなさんの頭の中に、困った時に最初に浮かぶ人が、長澤和明さんなのかもしれませんね(*’▽’)

長澤まさみの父・長澤和明は娘には・・・

そんな長澤まさみさんの父の長澤和明さんは、娘さんにも面倒見がいいようです。

娘だから面倒見がいいのはあたりまえと思ったあなた!

そうなんですけどね、困った皆さんに手を差し伸べるの面倒見のよさとはちょっと違うようです。

長澤まさみさんと父親はとっても仲良しで、まさみさんのアッシー君になっていた時期もあったのだとか。

『どこどこ行って』って、お父さんをアッシーみたいに使っていたこともあります」

目に入れても痛くないくらいかわいい長澤まさみさんに言われたら、どんな人も快く送ってあげちゃいますよね。

父の人柄について長澤まさみさんはシネマトゥディのインタビューで、

あまり怒らないし。優しいですね。

と、優しい人柄である事も明かしてくれていましたよ。

長澤まさみは父・長澤和明にそっくり?

長澤和明現在,長澤まさみ父,長澤まさみ父エピソード

スポンサードリンク
フジテレビ系『ボクらの時代』に出演した長澤まさみさんは、共演者の木村佳乃さんから「すごいそっくりだよね、顔」と言われると、

「似てますよね。『あ、あ~』ってなると思います、両親を見て」

と、両親と自分が似ていることを自他共に認めていましたよ。

長澤まさみさんが美人なのは、両親が美男美女だからですね。

どうやらお兄さんも凄いイケメンなのだとか。

両親に2人共感謝しているのではないでしょうか。

長澤まさみ兄,長澤まさみ父,長澤まさみ母,長澤まさみ家族,長澤まさみ実家,長澤まさみ家族構成 関連記事。
長澤まさみの家族|兄とは2人兄弟で大谷翔平に似ている?!父親・母親とのエピソードもまとめ

長澤まさみの父の長澤和明の現在は?

この投稿をInstagramで見る

長澤和明(@changzeheming)がシェアした投稿

監督を引退後の現在は、元々実家がみかん農園をされていたこともあり、生まれ育った清水でみかん農園をされているようです。

・・・が、インスタのタイトルを見ると、

長澤和明
農作業を止めてる伯父さん(笑)

と自己紹介されているので、今はお休み中なのではないでしょうか。

きっと、あれだけの功績を残した方ですから、今でも地元などでサッカーを教えたり、メディアで解説に呼ばれたりもされるでしょう。

農作業は忙しくなってお休み中なのかもしれませんね。

父と娘のエピソードにほっこり

長澤まさみは14歳の時に、東宝シンデレラでグランプリに選ばれたことから芸能活動の為、一人上京している事から、父親とは14歳までしか一緒に住んでいません。

美しく成長していく娘さんを時々しか見る事ができなくて、父としては寂しい部分もあるのではないでしょうか。

とても仲のいい親子であるエピソードを、度々語られていますのでご紹介します。

長澤まさみ ガンジス川の撮影に猛反対の父とケンカ

長澤まさみさんは、2007年に放送されたテレビ朝日系ドラマ『メ~テレ開局45周年記念ドラマスペシャル・ガンジス河でバタフライ』で主演を務めた際、撮影現場がインドの『ガンジス川』だったことから、父に「行くな」と猛反対され、大ゲンカになったそうです。

え?いつも穏やかな、お父様、どうしたの???

仕事だし行かないとは言えない長澤まさみさんの立場もわかっての猛反対ではあると思いますが、なぜそこまで反対したのでしょうか。

父親が怒る程、止めた理由は、ガンジス川の汚染水で感染病になったらと心配したからです。

この映画には、長澤まさみさんが、ガンジス河をバタフライで泳ぐシーンがあるのですが、インドのガンジス川ってインドでも沐浴(もくよく)するのは「危険」と地元紙が警鐘を鳴らしている程、大腸菌が検出された地域なんですよね。

政府調査で、最大で基準値の23倍のふん便性大腸菌が検出された地域もあり、汚染が深刻とニュースにもなっていました。

長澤まさみさんは、監督から『泳ぎたくないという気持ちをもっているのだったら、泳がなくていいよ』と言われたのですが、泳いだそうです。

自分の中で整理して、晴れ晴れとした気持ちで一生懸命泳いだと撮影秘話を語っていましたが、女優魂はすごいですが、ちょっとここだけは個人的には共感できないなって思います。

身体が一番大事ですから、、、何かあったら家族もそうだし、ファンだって悲しみますよね。

どうかもう、無理しないでほしいです( ;∀;)ご無事でよかった、、

長澤まさみは父の試合を見たくなかった?!

長澤和明現在,長澤まさみ父,長澤まさみ父エピソード

イメージ

長澤まさみさんがまだ子供の頃のエピソードです。

普段は家でいつも優しい父親ですが、サッカーを見に行くと、「何やってんだ!!」とサッカー選手に厳しい父の姿が目に入ってきました。

子供のまさみさんはその様子を「いつもと違って嫌だな~」と思いつつ、見ていたそうです。

やがて、家での優しい父の事が大好きなので「仕事場に行くと、見た事のないお父さんがいてビックリして、もうお父さんの試合、見に行きたくない。」そう伝えました。

父としては複雑な気持ちになったでしょうね( ´艸`)

でも、大人になって今、父の1つの事に打ち込む姿を見て育った事から、「私も1つの仕事をずっとやろうと思えるようになった」と心境をテレビでお話されていましたよ。

お父さん!良かったですね(*’▽’)

長澤まさみの父・長澤和明はどんな人で現在は?功績が凄い!親子エピソードもまとめ

今回は長澤まさみさんの父親・長澤和明さんのサッカー時代の功績や親子のエピソードについてご紹介しました。

今回のまとめです。

  • 長澤まさみさんの父は、サッカー元代表で監督だった長澤和明さん。
  • 父・長澤和明さんが監督を務めるチームの多くを優勝に導いた凄腕監督。
  • 父・長澤和明さんの人柄は、熱く面倒見がよい。
  • 長澤まさみさんに取っての父はとてもやさしいけれども、サッカーの試合では怖かった。
  • 父の背中を見て育った長澤まさみさんは、1つの事を全うする人生を自分も選ぶ事ができた。

サッカー界のレジェンドだった父・長澤和明さんも、大切な娘を、だれよりも愛する普通の父親です。

サッカーの監督としては選手に勝たせたいという熱い思いから、とても厳しい方ですが、娘さんにはアッシー君になってしまうギャップがたまらなく素敵です。

やるべきことはやる!守るべきものは大切に守る!といった、男らしいお父様だと思いました。

これまでの人生をサッカーと共に生きてきた父親ですから、これからもサッカーを愛し続け、セカンドライフならぬサードライフを謳歌されて行かれることと思います。

これからの長澤家のご多幸を応援しています。

という事で、今回は最後までおよみいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする