山崎邦正こと月亭方正の年収と落語家に転身した理由は?

山崎邦正年収,月亭方正年収,山崎邦正落語家転身理由.月亭方正落語家転身理由

スポンサードリンク
こんにちは!あいです。

かつて、人気のお笑い芸人・山崎邦正として一世を風靡し、現在、落語家に転身した月亭方正さん。

40歳にしてお笑い芸人から落語家に転身し、2021年4月からはお弟子さんを取り、順調そうです。

もともと、ダウンタウンさんに可愛がられ、芸人としても順調に見えた山崎邦正こと月亭方正さんですが、なぜ、40歳にして新しい挑戦を試みたのでしょうか。

芸人としても稼いでいた印象なので、落語家に転身した後の年収も気になります。

そこで今回は、山崎邦正こと月亭方正さんの落語家に転身した理由と年収について調査しました。

ぜひ最後までお読みくださいね。

山崎邦正こと月亭方正の年収は?

2008年にお笑い芸人から落語家へと転身した当初は50人しか埋まらなかった客席が、10年を迎えた頃には、独演会で800席を満席にするほどの人気となった山崎邦正こと月亭方正さん。

2018年のインタビューで、奥さんについてのエピソードを語った際に、年収について触れた事がありました。

売れっ子芸人から落語家に転身するときも反対せず、収入が半減しても応援してくれた。しかし、そんな妻が怒りを露わにしたことがあった。

※2018年 女性自身 出典

さらに2012年に『ガキの使い』に出演した山崎邦正(月亭方正)さんは月収についての奥さんとのエピソードを具体的な数字と共にお話していました。

「来月給料結構ある」と言って、月80万円で奥さんが800万と勘違いしてガッカリしているエピソードからすると、2012年当時の、月収は、普段は80万円よりだいぶ少ないという事ですね。

落語家の平均年収から予測する山崎邦正こと月亭方正の年収

平均年収ドットコムさんの調べによると、落語家の平均年収は550万円なのだそうです。

ただ、サラリーマンとかと違って、才能や人気に対して評価される対価でもあると思いますので、上から下までをチェックしてみました。

落語家のトップクラスの方の年収は、5000万円程度と言われています。

その年収は、寄席の収入だけでなくテレビ出演やお座敷の収入を入れての計算です。

やはり一番比重が多いのが、テレビ出演に関する収入や営業からのようです。

知名度が上がると、営業がしやすくなり、年収がアップするそうです。

なお、寄席のギャラは一般的に少ないらしく、5年目くらいでも前座で250円程と雀の涙ほど。

地方に呼ばれるようになって、はじめて食べれるようになるのだそうです。

そんな山崎邦正(月亭方正)さんは、2016年から徐々に地方の寄席が増え、昨年1年間では60か所以上も地方公演をされていました。

まさに、落語家として食べれる地位にまで上り詰めたのではないでしょうか。

なお、お座敷のギャラは落語家の格によって変わりますが、多い方で100万程貰っている方もいらっしゃるそうです。

落語家の年収のトップは、テレビにコンスタントに出演している立川志らくさんなどでやはり、推定年収は5000万円程だと言われています。

そして、落語家になってから約15年程度経過した、寄席のトリを務められる落語の真打は、平均は650万円程度と言われています。

現在、落語家の半数の人がこの『真打』で、『真打』になると、師匠と呼ばれ、弟子を取る事もできるそうです。

つまり、2021年からお弟子さんをとっている山崎邦正(月亭方正)さんのランクは『真打』で平均年収は、おそらく650万円程という事になります。

世界のナベアツこと桂三度さんも、吉本で、同じように落語家に転身し、芸人当時よりも年収は10分の1になったと言っています。

芸人としての仕事のギャラも変更されて、そこも減るのか?と嘆いていましたので、山崎邦正(月亭方正)さんのガキの使いのギャラも、芸人の時よりも減らされている事も考えられますね。

落語界のトップが年収5000万円程という事は、山崎邦正(月亭方正)さんの落語家としてのギャラは明らかにだいぶそれよりも少ないという事は間違いないでしょう。

『笑点』から見る山崎邦正こと月亭方正の年収は?

山崎邦正(月亭方正)さんは出演していませんが、テレビのギャラを推測するために、調査してみました。

日本テレビ系・落語番組『笑点』の放送1回分の制作予算は1500万~2000万円程なのだそうです。

予算のうち20%がギャラとして出演者に支払われる事から、1回のギャラの予算は全員分で400万円以下と言う計算に。

若手の落語家さんは1回30万~40万円で出演していて、大御所で70~80万円なのだとか。

笑点メンバーになった落語家さんでも、メイン収入はテレビ出演ではなくて、地方営業からのギャラで、一般的に真打ちの営業のギャラは10万~20万円が相場ですが、名前が売れると50万~60万円にハネ上がることから、笑点メンバーに選ばれることを夢見る落語家さんは多いのではないでしょうか。

つまり何が言いたいかと言うと、元々名前が売れている山崎邦正(月亭方正)さんの地方営業のギャラは、一般的に真打ちの営業のギャラは10万~20万円ではなく、30~50万円はもらっている可能性がありますよね。

そうなると、やはり真打ちである山崎邦正(月亭方正)さんの年収は平均の650万円よりは多いと思います。

『ガキの使い』から見る山崎邦正こと月亭方正の年収は?

山崎邦正(月亭方正)さんと言えば、やはりダウンダウンさんがメインの番組『ガキの使い』の出演料は、生活の為に大事な収入源になっているのではないでしょうか。

「11月19日発売の『フラッシュ』によると、『笑ってはいけない』は視聴率だけでなくDVDの売り上げも圧倒的であるため、現状、終了することはまずないのだとか。またダウンタウンには2日間拘束で、1人あたり1000万円という高額ギャラが支払われているそうですから、浜田も何だかんだで降板することなく続けていく可能性が高いでしょう」(前出・テレビ誌記者)
※ライブドアニュース

『笑ってはいけない』シリーズのBlu-ray&DVDの売り上げは合わせて500万枚を突破し、動画配信サービスHuluでも常にランキング上位と言った人気番組です。

ダウンタウンさんが主役の番組だけに、二人に高額なギャラが支払われるのは当然ですね。

では脇を固める中堅芸人さん達のギャラはどのくらいなのでしょうか。

週刊実話さんがかつて、ココリコの二人のギャラをこのようにつづっていました。

日テレから田中はいくらもらっているのか?
「そもそも『ガキ使』はダウンタウンの番組で、ココリコは脇役にすぎません。だから、特番だろうと拘束時間が長かろうと、ギャラが増えるのはダウンタウンだけ。ココリコ2人で80万円〜がいいところですね」(制作関係者)

※2017年週刊実話

ココリコさんで1人40万円という事は、人気や多忙度合いから比較しても、山崎邦正(月亭方正)さんがココリコさんと同じギャラとは思えないですし、おそらく1本20~30万円のギャラなのではないでしょうか。

30万円だとしても×月4本×12か月で、単純計算で1440万円という事に。

落語家の年収を合わせると山崎邦正(月亭方正)さんの推定年収は2000万円程なのかと予想されます。

番組が終わらないといいですね。

山崎邦正こと月亭方正が落語家に転身した理由は?

山崎邦正年収,月亭方正年収,山崎邦正落語家転身理由.月亭方正落語家転身理由

スポンサードリンク
20才でお笑い芸人の世界に入り、芸能界で活躍していた山崎邦正さんは、2008年より落語家・月亭八方に弟子入りして「月亭方正」として落語家に転身されました。

これまでダウンタウンさんに可愛がられ、芸人としてかなり稼いでいたと思いますが、なぜ突如、芸人を辞めて落語家に転身したのでしょうか。

山崎邦正(月亭方正)さんが芸人になった理由は、『とにかく芸人として飯が食えればいい』と言う気持ちで飛び込んだものの、芸人としての営業の仕事が苦しかったようです。

テレビでは、何の準備もせずにバラエティでは目立つこともできるのですが、営業では、自信を失っていたそうです。

「先にブラックマヨネーズとかが出て、(コントで)お客さんがすごく盛り上がる。次に俺が出て行くと喜んでくれるんやけど、その後が何もない。ギャグとかやるけど、2分くらいで終わる。その次にチュートリアルが出て行って、お客さんが盛り上がる……っていうのを3回ぐらい繰り返すと、すごく落ち込んだ」

きっと、テレビは準備なしで笑いがとれたのは、ダウンタウンさんら共演者があたたかく、面白く味付けしてくれていた部分もあるからではないでしょうか。

いざ、営業の現場に一人になると、面白いアドリブが出てこないってことですよね。

40歳になっていまさらながら、思い描いていた自分の芸人像と自分が追い付いていないことに気づき、芸人の先輩でもある東野幸治さんに当時感じていた事を話すと、すぐさま「落語見たらエエやん。桂枝雀さん、面白いから」と言われたそうです。

これまで落語を見た事がなかったのですが、東野さんが言うならとDVDを見てみたらとても面白く、落語家への道を決めたそうです。

つまり、上記を一言でまとめると、山崎邦正(月亭方正)さんが落語家に転身した理由は、『芸人として自信を失っていた時に、東野幸治さんから言われた何気ないアドバイスで落語を知り、落語の面白さを知り転身した』という事だったようです。

山崎邦正こと月亭方正は年収が減っても幸せなのか

結論からお伝えしますと、落語家になった事で、以前よりも幸せのようです。

もちろんだいぶ収入は減ったものの、以前は、ストレスで飲んだり買ったりと、無駄にお金を使ってしまう生活だったのが、今は、お金を使わなくなったそうです。

それよりも、毎日仕事が苦しくないという事の方が、山崎邦正(月亭方正)さんにとって価値ある人生になっている事がわかります。

テレビ番組の収録に行っても「なんか今日は噛み合わないな」とか「巡り合わせが悪かったな」という感覚になる時があるんです。でもね、落語ではそれが一切ないんです。なんというか、全部が必然というか。

 落語は僕がけいこして、用意したものをお客さんにぶつけるお客さんが重いとか、よく笑ってくれるとかいう差異はありますけど、終わった後に「今日はツイてなかったな」ということがないんです。

落語家は、事前に準備して披露することでお客さんに笑いを届けるお仕事だから、山崎邦正(月亭方正)さんにとっては、準備できる仕事の方が向いていたという事ではないでしょうか。

「ヘタレ芸人」としてポジションを築いていた山崎邦正(月亭方正)さんは、実は私たちが思っている以上に真面目な男という事なのかもしれませんね。

月亭方正嫁,山崎邦正嫁,月亭方正妻,山崎邦正妻,月亭方正嫁馴れ初め,山崎邦正妻馴れ初め,月亭方正嫁画像,山崎邦正妻画像,月亭方正子供,山崎邦正嫁出身地, 関連記事。
【画像】月亭方正(山崎邦正)が結婚した嫁が面白可愛い!馴れ初めは妻から声をかけてきた?!ド天然嫁エピソードと子供についてまとめ
松本人志嫁,松本人志妻,松本人志結婚相手,松本人志奥さん,松本人志嫁馴れ初め,松本人志結婚決め手,松本人志子供,松本人志娘 合わせて読みたい。
【画像】松本人志の嫁(妻)はこういう人!馴れ初めや結婚の決め手が運命的でまっちゃんの方が惚れている?!子供も総まとめ

山崎邦正こと月亭方正の年収と落語家に転身した理由は?まとめ

山崎邦正年収,月亭方正年収,山崎邦正落語家転身理由.月亭方正落語家転身理由

スポンサードリンク
今回は、山崎邦正(月亭方正)さんの推定年収と芸人から落語家に転身した理由を調査しました。

天真爛漫に見えた山崎邦正(月亭方正)さんだけに、そんなに苦しんでいたのは意外でした。

でも、私もどんなに稼いでも苦しい仕事を続けるよりも、お給料が半分以下とかになっても、人間らしい心地いい気持ちになれる仕事を選択するタイプなので、気持ちが凄く良くわかります。

お金よりももっと価値のあることを見つけて、人生を変えた山崎邦正(月亭方正)さんの勇気にあっぱれです。

しかも40歳から0からのスタートを選択するなんて素敵です。

「落語を始めるまで、僕はずっと何をどうすればいいのか悩み続けていました。でも落語はセンスの上に努力を乗っけることができる。この努力できることが、これまでとの大きな違いです。以前は神社で手を合わせる度に願い事が変わっていました。でも、落語を始めてからはずっと同じです。『家族が健康で幸せでありますように』ということ、そして『立派な噺家になれますように』という2つだけですよ」
※2018年 女性自身出典

マイベストフォーユーは、そんな山崎邦正(月亭方正)さんの人生を応援してまいります。

という事で最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする