ジャパネットたかたMC塚本慎太郎さんの経歴・役職を詳細解説!元タレントではない!退職と思われた理由もまとめ

ジャパネットたかたMC塚本慎太郎退職,ジャパネットたかた塚本慎太郎MCが上手い理由,ジャパネットたかたMC塚本さん,ジャパネットたかたMC塚本慎太郎経歴,ジャパネットたかたMC塚本役職

こんにちは!あいです。

売れっ子のテレビタレントと同じくらい、テレビで目にする機会の多い、ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さん。

爽やかな人柄と軽快なトークで、ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんがテレビに登場すると、家事の手をつい止めてしまうマダムも多いのではないでしょうか。

毎日のように目にする機会が多い、ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんは、ある意味、日本一目立っているサラリーマンと言っても過言ではないでしょう。

その、あまりにもテレビ慣れした堂々とした振る舞いや巧みなトーク力に、

ものすごいと喋りが上手だから、この人はタレントさん?芸能事務所からMC派遣をされて、テレビに出しているのかな?

なんて思った人も、少なくないのではないでしょうか?

そこで、今回は、ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんがどんな方なのか、どうしてあんなにトークが上手いのか理由についても探ってみました。

この記事でわかること。

  • ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんのこれまでのキャリア
  • ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんの役職
  • ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんがトークが上手い理由

それではさっそく、一緒に見ていきましょう♪

スポンサードリンク

ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんは元タレントではなく、ずっとサラリーマン!

喋りが軽快なので、「元タレントさんなのかしら」と思ったら、塚本さんは、元タレントではありませんでした。

現在もタレントからの派遣とかではなく、ジャパネットたかたのれっきとした社員さんです。

1998年に、ジャパネットたかたに入社して、かれこれ25年以上、活躍されているんですね。

なぜ、こんなにトークが上手いのか気になるところですが、その前に、ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんの詳しい経歴をまとめましたので、ご紹介します。

ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんの経歴を詳細解説

MCの塚本さんの事が気になっている人は、やっぱり多いんだな~。
ヤフー知恵袋でこんな風に質問している人がいたよ。
ジャパネットタカタに出てる若い男の人(背の高い方)が好きです。プロフィールとか分かるところないですか?
※ヤフー知恵袋出典。

塚本慎太郎さんの経歴や役職の詳細

この投稿をInstagramで見る

荻原 次晴(@tsugiharu_ogiwara)がシェアした投稿

名前:塚本 慎太郎

読み方:つかもと しんたろう

出身地:長崎県 東彼杵郡(ひがしそのぎぐん)

出身校・学歴:明星大学 理工学部 電気工学科

生年月日:1972年生まれ

年齢:アラフィフ

趣味:車グッズ集め・鑑賞

得意な商品・カテゴリー:寝具関連

ジャパネット入社:1998年

2000年(平成12年)からMC

寝具関連が得意だったんだね。

どおりで、こんな感想を抱いている人も、見受けられました(≧▽≦)

ジャパネットたかたに入社する前の経歴は、大学を卒業後、出身地である長崎の自動車ディーラー会社に入社し、セールスマンをしていたそうです。

その後、ジャパネットたかたに転職。
セールスマン時代のセールストークを買われて、ラジオ通販のMCに抜擢されます。

そして2000年からは、TVにも進出しています。

「テレビに出演するようになったのはちょうど今から2年前くらいですね。一番最初に扱った商品はゴルフクラブですね」(塚本氏)

セールストークに長けているから、ディーラー時代も相当売れっ子セールスだったんじゃないかな。
転職でさらに、ステップアップしたいって思ったんだね。

改めて、ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんのキャリアを、時系列でまとめてみました。

1994年または95年:大学卒業後、長崎の自動車ディーラーに新卒入社。

1998年:長崎県の自動車ディーラーで営業を3年程経験した後に退職。

1998年:ジャパネットたかた入社 ラジオMCに抜擢。

2000年:テレビMCを担当。

2012年1月~:商品開発部(テレビ・パソコン担当)へ異動。

2012年12月:東京スタジオ開局の時、MCに復帰。

2016年1月~2017年3月までラジオMCも兼任していた。

現在の役職は、テレビ制作部副部長として、番組制作に携わりMCとしても活躍。

ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんが退職したと噂された理由

ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんの事を調べていると、なぜか『退職』と多くの人から検索されていたので、なぜかなと思い調べてみました。

2000年からテレビのMCを担当されている塚本さんは、テレビで見かけなくなった時期がありました。

そのため、視聴者が「塚本さんがテレビに出なくなったのは退職してしまったからなのではないか」と思われたようです。

しかし、退職ではなく、2012年1月に、パソコンやテレビの商品開発部へ異動したことからテレビで見る機会が減っていたようです。

その後、同年12月に東京スタジオが開局されたことから、MCに復帰し、ふたたびテレビ出演の頻度が高まっています。

2017年にはチャリティーオークションのイベントでも軽快なMCをこなし、まるでスターのようですね。

ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんはなぜトークが上手いのか理由は?

ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんは、なんといっても、優しい雰囲気に加え説得力のある軽快なトークが魅力ですね。

よくあるショップチャンネルのわざとらしさもないし、商品の良さが伝わってくるのが凄いよね!

スラスラっとお話されているので、カンペがあるのかと思いきや、カンペはないそうです。

毎日のようにある生放送を、台本も持たずにどうやってしゃべっているのでしょうか。

ジャパネットたかたMCの塚本慎太郎さんが、MC8年目だった2008年のインタビューでこのようにお話されていました。

当時、テレビ企画制作課シニアリーダーだった塚本さんは、

「最新機能にこだわりすぎてもいけない。できる限り自分で商品を使ってみて、そこから得られる実感や感動を率直に伝えるようにしています」

まず、自分で使ってみて、本当に良いものだと感じたものを、その商品を手にするお客さんの幸せを想って、商品の魅力を伝えていらっしゃるから、言葉がスラスラ出てくるんですね。

さらに、きっと、入社した時から長年に渡り、創業者の高田明さんの近くでそのトークを見て育っていらっしゃるので、アドリブ力は現場で鍛え上げたものなのではないでしょうか。

通販のレジェンドと言われてきた創業者の高田昭さんの、『売れるトーク力』については、まず気持ちが前提にあってさらにてテクニックもすばらしいものがあります。

テクニックについては、例えば、以下の事を考えてお話されていると高田さんはインタビューでおっしゃっていましたよ。

・話の導入最初の30秒が面白くないといけない。

・わかりやすく、かつ熱意を持って伝える。

・声の大きさや高さを変えたり、伝えたい言葉を繰り返すことも非常に効果的。

高田明さんの伝える技術についてもっと詳しく知りたい方には、接客業やセールスマンに限らず様々な、ビジネスパーソンに役立つ事が書かれた著書を出版されていますので、気になる方はそちらも併せて参考にされてみてもいいかと思います。

重要な『伝える』ということの根幹は、『物を売るのではなく、感動を伝える』ということを知り、特にゴリゴリ営業マンとかに読んでほしい1冊だな~と思いました。

とにかく目から鱗な内容がもりだくさんでした。

元々セールスのセンスがある塚本さんは、こういうお考えの社長の元で一緒に、感動を伝えてきたからこそ、さらに伝わる話し方ができるようになられたのだと思いました。

堀埜一成キャリア,堀埜一成社長経歴,堀埜一成実績,サイゼリア社長堀埜一成経歴,サイゼイリヤ社長堀埜一成キャリア,堀埜一成会長との出会い こちらも読まれています。
【サイゼリヤ社長】堀埜一成のキャリア(経歴)学歴や年収が凄い!ほりのいっせい社長の実績は柔軟な思考力の賜物

ジャパネットたかたMC塚本慎太郎さんの経歴・役職を詳細解説|元タレントではない!退職と思われた理由は?まとめ

今回は、ジャパネットたかたのMCでお馴染みの塚本慎太郎さんがどんな方なのか、キャリアの部分を中心にご紹介しました。

では、振り返りで今回のまとめです。

・ジャパネットたかたのMCの塚本慎太郎さんは元タレントでも現在タレントでもなく、正社員。
・ジャパネットたかたのMCの塚本慎太郎さんの主な経歴
<大学卒業後に自動車ディーラーのセールスマンになった後3年後にジャパネットたかたに入社。ラジオMCに抜擢されるも、2000年にはテレビMCに抜擢された。

・ジャパネットたかたのMCの塚本慎太郎さんの現在の役職
<テレビ制作部副部長。

・ジャパネットたかたのMCの塚本慎太郎さんが退職を噂された理由
<テレビで見かけなくなった時期があったが、2012年に一時的に移動しただけだった。

現在、塚本さんは、ジャパネットたかたの実質上、ナンバー2だと言われています。

会社からその実力を評価され、絶対的な信頼を得ていらっしゃるのでしょう。

ジャパネットたかたといえば、やっぱり先ほども触れましたが、創業者の高田明さんの軽快なトークが印象的ですよね。

唯一無二の存在感と、独特なキーを持つ声によるインパクトは、多くの人に愛され、とても説得力があるしゃべりだったので、「彼がしゃべるから売れている」と思っていましたが、負けず劣らず、塚本さんの説得力も素晴らしいものがあります。

商品に対する愛情が視聴者に伝わり、又その結果、塚本さんのMCが視聴者への思いやりにつながっている事が、売れている要因なのではないでしょうか。

テレビに塚本さんが登場すると、なんかほっこり、安心感を感じるのはそういうところなのかもしれませんね。

若手がどんどん出てこられると思いますが、これからも塚本さんには、裏方へ回らず、MCとしてよい商品をテレビを通じて、たくさん届けてほしいと思っています。

マイベストフォーユーは、これからの塚本さんのご活躍を応援しています。

最後に、塚本さんのMCの歴史を振り返りながら締めたいと思います♪

という事で、今回は最後までお読みいただきありがとうございました。