医局を辞めたい・病院辞めたい医師必見…円満退職する方法と、医局・現病院に縛られない転職成功法(失敗しない) 

医局辞めたい 医師転職

スポンサードリンク

『現在、医局に属しています。人事権は教授が握っており、不当な異動を命ぜられることもあります。
医局(病院)を離れたいと考えておりますが、邪魔されず、経済面や
自分のQOL改善ができるのでしょうか。』

『医局(病院・もう医師自体)を辞めたいと言ったら、無責任になるのでしょうか?』

『医局(病院)を辞めたいです。しかし、都内・県内での勤務はできないようにしてやるぞ!と教授に言われてしまいました。
これからも縛られて生きていかないといけないのでしょうか』

先生が、この記事にたどりついたという事は、最近、納得のいかない医局人事の内示があったり、「医局の環境に自分は合っていないのでは?」と感じる事があったのですね。

人生の時間のほどんどを過ごす事になる職場。

我慢をする時代は終わり、一度しかない人生の中で、一番大切な事は、先生の気持ちです。

どういう事かと言うと、先生の人生は、先生が自由に選んでよいという事です。

自分の人生は、自分で自由に決めていい
なぜなら、時間はあなたの命の一部だから

この記事では、これまで先生と同じように、医局から離れたいと思い悩み、転職を経験された先生方と多く接触してきた元エージェントが、これからの医師の働き方改革についてお伝えしてまいります。

こんにちは。
私は、元ドクターエージェントで現在開業医や経営者の皆様の健康管理をさせていただいている『あい』です。

大学病院は、まだまだ縦社会、医局を離れたいともがきながら、結局、教授の嫌がらせで転職できなかった先生もいらっしゃいました。

けれども、医局は闇の世界ではありません。
まちがいなくホワイト業界ですので、円満退職できるコツがあります。

少し長くなるかもしれませんが、最後までお読みいただければ、明日からの明るい未来の一歩を踏み出すヒントが見えてきますので、最後までおつきあいくださいね。

すぐに転職エージェントへ相談したい人はこちら