「こんにちは赤ちゃん」の歌手、梓みちよさん死去 年齢・死因・旦那さんは誰?

「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」など、たくさんのヒット曲で知られる歌手の梓みちよ(あずさ・みちよ)さんが、東京都内の自宅で亡くなった事が、2020年2月3日、所属事務所より公表されました。

76歳でした。

第一発見者は、先月29日に東京都内の自宅で倒れているところを、打ち合わせのために訪れたマネージャーが見つけ、死亡が確認されたそうです。

葬儀は近親者のみで営んだそうです。

スポンサードリンク

梓みちよさん 死因は?

死因はまだ明らかにされていませんが、自宅で倒れているところを打ち合わせの為に訪れたマネージャーが発見されたそうです。

実は50代の頃に梓みちよさんは大病を患ったことがあったようです。

しかし、仕事が忙しいころで強くすすめられたものの入院せず、点滴を打ちながら仕事はすべてこなし、その後は自宅で食事療法などで治したと親しい人には語っていたようです。

突然死であれば、心臓か脳が関連しているのでしょうか。。。

梓みちよさんは宝塚音楽学校出身の実力派歌手!

【梓みちよさんの経歴】

出身地 福岡県出身

生年月日 1943年6月4日 年齢76歳

アメリカンポップスから歌謡曲まで幅広い歌唱力をお持ちの梓みちよさんですが、なんと宝塚音楽学校に在学されていたそうです。

在学中に、大手芸能事務所「渡辺プロダクション」のオーディションに合格し、昭和37年、「ボッサ・ノバでキッス」で歌手デビューし、その翌年には、NHKの人気番組「夢であいましょう」で紹介された「こんにちは赤ちゃん」が100万枚以上を売り上げで大ヒット!

この年の日本レコード大賞を受賞したほか、NHKの紅白歌合戦に初出場しました。

レコード大賞を受賞された「二人でお酒を」がこちらです。

圧倒的な禍々しさある、その美しい歌声をどうぞ🌸

二人でお酒を / 梓みちよ

梓みちよさんの旦那さんはだれ?現在は?

梓みちよ元旦那

梓みちよさんは、1971年に俳優の和田浩治さんと結婚されています。

第一発見者がマネージャさんというところから、ピンときた方も多いと思いますが、

和田浩治さんと結婚した翌年の1972年に離婚され、現在は独身です。

石原裕次郎さんらとともに人気だった和田浩治さんですが、とってもやんちゃだったそうです。

その出会いは、とても電撃的だったようで、1970年4月に出会い、翌年3月に東京大神宮で挙式とトントン拍子で進んでいきました。

ところが、1年も経たないうちに不仲説がながれます。

和田さんは関西での仕事が増え、梓さんは地方公演で家を空けることが多く、すれ違いの生活…

和田さんによる浮気や、事業に失敗するなど金銭問題が原因でした。

離婚後、週刊誌上で梓さんは「あの人はせいぜい同棲までの男だった」と語っています。

なお、元ご主人の、和田さんは、3年後に銀座の名物ママ田村順子さんと再婚しましたが、
86年に、胃がんで42歳の若さで亡くなってしまったそうです。

スポンサードリンク

梓みちよ 離婚後の交際相手は?

梓みちよ不倫相手

交際相手で有名な方が、東尾修(ひがしお おさむ)さんです。

東尾修さんと言えば、西武ライオンズの名選手であり監督として有名です。

若い人にとっては、石田純一さんと東尾理子夫妻のお父様と言うと、ピンとくるかもしれませんね。

既婚者である東尾修さんとの不倫関係は20年近く続いたらしく、

この件に関して梓みちよさんは「大人の関係です」とのみコメントし、東尾理子さんが「お父さんを返してください!」と直談判したエピソードがあるそうです。

梓みちよと明石家さんまの騒動とは?

「さんまのまんま」に出演した際の有名エピソードがこちら。

梓みちよは収録中に計5回も明石家さんまにシャンパンを浴びせました。

大ヒット曲「二人でお酒を」や「メランコリー」のタイトルを思い出せない明石家さんまに対し、「好きだったら思い出せるはず」ときつく詰め寄る梓みちよ。

そして、ついに「知らんわ!」と白状した明石家さんまの顔にシャンパンを!!

さんまのまんま 梓みちよ ワインまとめ

まとめ

電撃結婚、電撃離婚、20年続いた不倫、シャンパンエビソードと、梓みちよさんの破天荒で自由なお人柄がうかがえますね。

76歳での死去は、少し早すぎると寂しい気持ちになりました。

梓みちよさんは、とても素敵な意味で、心の強い、芯のある女性だったのだと思います。

どうか天国でも、その力強く美しい歌声を響かせてください。

ご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする