志村けんさん搬送された病院はどこ?転院理由は?発症いつ?持病は?

志村けん病院

スポンサードリンク
3月29日、コメディアン・テレビタレントの志村けんさんが、新型コロナウイルスによる肺炎のため旅立たれました。70歳でした。

日本を代表する志村けんさんの、あまりにも早い旅立ちに悲しみでいっぱいです。

志村けんさんの状況から見るコロナウィルスの発症から判定、最後の日までをまとめました。

志村けんさん、搬送・治療を受けていた病院

志村けん転院先

スポンサードリンク
志村けんさんは3月17日に倦怠感を覚え、自宅で療養をしてました。

しかし、19日に発熱や呼吸困難の症状が現れたため、20日に主治医の診断を受けた結果、港区の病院に搬送され緊急入院となりました。

結果は、重度の肺炎。

23日に新型コロナウイルス検査で陽性と判明。

人工心肺装置を装着して治療をしていました。

志村けんさんが最初に搬送された病院は港区の病院と言われています。

港区の病院は以下です。

山王病院

医療福祉大学三田病院

北里大学北里研究所病院

東京都済生会中央病院

虎の門病院

東京慈恵会医科大学附属病院

のいずれかではないでしょうか?

さらに状態が悪化し、21日には人工呼吸器の切り替えの為転院しています。

転院し治療されていた病院は、『新宿区の国立国際医療研究センター』です。

志村けんさんコロナ発症日

3月17日倦怠感【発症日】

志村けんさん発症から旅たちまでの経過・時系列

志村けん病院,志村けん転院先病院,志村けん発症から死亡まで,志村けん時系列,志村けん転院理由

スポンサードリンク

5日 日テレで収録

6日 NHKで収録

10日 テレ朝で収録

16日 フジで打ち合わせ

17日 倦怠感【発症日】

19日 発熱・呼吸困難

20日 病院へ搬送 重度の肺炎(主治医が事務所や家政婦から連絡を受け、自宅に駆けつけたのは搬送当日の20日でした。)

21日 人工呼吸器に切り替え

23日 陽性反応

24日 新宿区の国立国際医療研究センターへ転院

29日 午後11時10分に入院先の東京・新宿区の国立国際医療研究センターで新型コロナウイルス肺炎のため亡くなった。

志村けんさん転院理由

志村けん病院,志村けん転院先病院,志村けん発症から死亡まで,志村けん時系列,志村けん転院理由

スポンサードリンク
志村けんさんの肺にはすでに、肺気腫があり、人工呼吸器に肺が耐えられず、人工心肺が必要になった為、ECMOが必要になったのだと思います。

ECMOは低下した肺の機能を人工肺で補う装置です。

転院先の病院には重い肺炎患者の治療に使われる「ECMO(エクモ)」と呼ばれる人工心肺装置がありました。

「ECMO(エクモ)」とは?人工呼吸器との違い

志村けん病院,志村けん転院先病院,志村けん発症から死亡まで,志村けん時系列,志村けん転院理由

スポンサードリンク
「人工呼吸器」は、初期の患者さんに使用します。

肺に酸素を入れ、肺から血管の中に入れて肺の機能を“補助”きます。

一方、「ECMO(エクモ)」(体外式膜型人工肺)は肺の機能を“代替”するもので、血管の中に直接酸素を入れる装置です。血液を太ももの付け根の血管から取り出し、エクモの「人工肺」に血液を送り、二酸化炭素を取り除きます。その後、血液を首の付け根の血管に戻すことで、体の中の臓器に酸素が届けられます。つまり、エクモで血液が循環している限り、肺が止まって呼吸をしていなくても生きることができるため、肺の機能を使うことが難しい重篤な患者に使われるのです。エクモの使用期間は2~4週間と言われています。

ECMOは、低下した肺の機能を人工肺で補う装置です。

別名を体外式膜型人工肺(たいがいしきまくがたじんこうはい)と言います。

心臓と肺が、生命を維持するのに十分な機能を失った際に、心臓と呼吸の補助をする治療法です。

首や足の付け根から静脈に太い管を入れ、血液を体の外へ吸引し、人工肺で血液に酸素を取り込ませ、体内へ戻す。

重症肺炎により肺での酸素の取り込みができなくなった患者に用いられ、自分の肺の機能が回復するまで、人工肺が肺の機能の代わりを担っています。

志村けんさん持病

2013年2月、63歳のとき、激しいめまいを起こし、点滴を受けます。

2013年3月 再び体調不良を起こし、肝臓数値が悪いと診断を受けるます。

2016年8月 ヘビースモーカー(1日3箱)により、肺を患い、肺炎で緊急入院しました。
2016年8月 19日~31日まで12日間入院

※この肺炎をきっかけに、禁煙

2018年 肝硬変を患う

2020年1月には、下血の症状で緊急入院し 、胃の手術を受けました。

まとめ 志村けんさんコロナ感染から私たちが学ぶこと

志村けんさんが旅立たれて、日本中が悲しみに暮れました。

それでもなお、自粛できずに、毎日満員電車に揺られ、通勤しなければならない状況の人もいます。

どうか、志村けんさんの死を無駄にしないためにも、残された私たちは、今できる最大限の予防をして、コロナウィルスが終息するまで、対策ができるまで、この見えない敵と隠れながら、戦うしかありません。

手洗いうがい、換気の徹底、消毒液を持ち歩くなど、毎日しっかりコロナウィルス対策・予防をしましょう。

志村けんさん、心より、ご冥福をお祈りいたします。

いかりや長介さんとあちらで酒をゆっくり飲んでくださいね。