ビートたけし再婚 お相手はどんな人?顔は?なれそめは?

ビートたけし再婚

スポンサードリンク
こんにちは!あいです。

不倫の報道が相次ぐ中、明るいニュースが流れてきましたね!

タレントのビートたけしさん(73)が18歳年下のパートナー女性・A子さんと再婚したことが7日わかりました。

たけしさんと言えば、昨年、幹子夫人(68才)との“離婚闘争”に、終止符が打たれたばかり。

A子さんとは8年前から交際が続いてきた一般女性で、現在ではマネジメント業務も任せており、公私両面のパートナーとなりました。

公私ともにずっと一緒にいるとあって、相当仲がよいのが伝わってきます。

ビートたけし 元奥さんはどんな人?子供はいる?いつ離婚していたの?

ビートたけしさんの元奥さん幹子さんは、元漫才師・内海ミキさんです。

漫才師だった幹子さんが、たけしさんと出会ったのは、たけしさんがツービート時代の1978年のことでした。

まもなく同棲をはじめ、幹子さんは、当時まだ売れない芸人だったたけしさんを、キャバレーやスナック勤めで支え、たけしさんは“漫才ブーム“でようやくブレイクされました。

幹子さん、まさにそれって、あげまん!

そして、81年に長男が、82年に長女が誕生し、83年に入籍されました。

当時の事を「勝手に婚姻届を出された」とたけしさんはユーモアに語っています。

「ビートたけし漫才」の画像検索結果

スポンサードリンク
結婚後しばらく未入籍だったそうですが、その背景には夫婦間の不仲があったと言われております。

長女の井子さんが誕生した当時は、夫婦間で離婚を前提とした話し合いの最中だったとも言われています。

幹子さんとの40年にも渡る別居生活を続けてきたのは、子供たちの為にあえて離婚せず、上手にお互いの距離感を置いて家族という形を保っていたのですね。

幹子さんは、たけしさんの数々の浮気、隠し子事件が発覚した時や、“FRIDAY襲撃事件”の時も、そんな破天荒なたけしさんを、約40年間ずっと献身的に支えてきました。

幾度となく女性問題が取り沙汰されてもつかず離れずの関係を続けてきましたが、2019年6月40年の夫婦生活に終止符を打たれました。

たけしさんは70歳を過ぎて、最後は、ほんとうの自分の気持ちを優先させただけにすぎないのかもしれませんね。

たけしを虜にした18歳年下のA子さんはどんな人?出会いは?

ビートたけし再婚相手の顔画像は?

2014年7月『週刊文春』が「100億円の愛人」と題して18才年下のA子さんとの関係を報道しました。

スポンサードリンク

出会いについては、

A子さんの知人のアパレル会社の社長に呼ばれたお酒の席で出会ったとあります。

芸能界の重鎮ともいえるビートたけしさんにも、動じる事なくお話しする姿がとても好印象だったんですね。

A子さんは、北野家と距離があった幹子さんとは対照的で、たけしさんの家族とも、コミュニケーションを密にとっているそうです。

たけしさんのお姉さん・安子さんからの信頼も厚く、お兄さんの大(まさる)さんもそれを承知していたようです。

『兄貴や姉さんも世話になってるんだ』と感謝していますし、もう少し行き来が頻繁になるかもしれませんね」とたけしさんの知人が語っています。

A子さんとは8年前から交際し、2015年には個人会社「T.Nゴン」を2人が中心となって設立。18年に所属事務所「オフィス北野(現TAP)」を退社してからは、A子さんがたけしのマネジメントを担っていた。

引用:スポニチアネックス

たけしさんを、公私共に支えているんですね。そういう関係って素敵。うらやましい~

たけしさんは18年の著書「ビートたけしのオンナ論」で、A子さんを「オネーチャン」の表記で登場させていています。

たけしさんは、A子さんの「自宅に帰らないんじゃなくて、要は居心地のいいほうに帰っているんだ。

それがたまたまオネーチャンの家ってだけでね」と同居している理由を明かしていました。

ほほえましいですね!

まとめ

なぜ、70代になっていまさら?たけしさん色ボケしちゃったの????なんて思う方もいるかと思いますが、たけしさんの結婚生活がもともと破綻からのスタートだという事がわかりました。

若かったがゆえ、勢いで結婚し、子供が誕生され、そしてたけしさんは、子供を愛し、元奥様へも感謝をした結果、40年という長い月日が経過されたのだと思います。

70代になって、初めて純愛をされたのではないでしょうか。

心から安心して安らげるお相手に出会い、やっと自分の気持ちを大切にできる余裕ができたのかもしれませんね。

たけしさんの、財産を手放してでもA子さんと一緒にいたいとう気持ちが見えました。

人生の最後は好きな人と過ごしたい、そういった気持ちが伝わる出来事に私たちもなんだかハッピーを分けてもらった気がします。

どうぞ末永くお幸せに♡